ZenFone 3に5.5インチ版が登場⇒5.2インチ版との違いは?

ZenFone 3 「5.5インチ版」登場。

2016年10月に発売となったZenFone 3ですが、これまで日本では未発売だった5.5インチ版(ZE552KL)が3月17日にラインアップに追加されました。

ZenFone 3に5.5インチ版が登場⇒その価格42.8千円

スペック(5.2インチと5.5インチの比較)

ZenFone 3(ZE552KL) ZenFone 3(ZE520KL)
SoC Qualcomm Snapdragon 625(2GHz、8コア)
GPU Adreno 506
メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
ディスプレイ 5.5型IPS、Gorilla Glass 3 5.2型IPS、Gorilla Glass 3
解像度 1,080×1,920ドット
OS Android 6.0.1
バッテリ容量 3,000mAh 2,650mAh
バッテリ駆動時間 約17時間(モバイル通信時) 約15.4時間(モバイル通信時)
USB USB 2.0 Type-C
カードリーダ microSDXCスロット
カメラ 前面800万/背面1,600万画素
SIMスロット Micro SIM、Nano SIM(microSDと排他)
通信機能 IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.2
FDD-LTE B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE B38/39/40/41
キャリアアグリゲーション 2CA
W-CDMA(HSPA+) B1/2/5/6/8/19
GSM/EDGE 850/900/1,800/1,900MHz
センサー GPS、加速度、電子コンパス、光、磁気、近接、ジャイロ、指紋、RGB
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 約77.38×152.59×7.69mm 約73.9×146.8×7.69mm
重量 約155g 約144g
本体色 サファイアブラック、パールホワイト サファイアブラック、パールホワイト、クリスタルゴールド
税別店頭予想価格 42,800円 39,800円

特筆すべき点は?(5.2インチ版との違い

今回の5.5インチ版ZenFone 3は5.2インチ版+3,000円の価格設定。この+3,000円で画面が一回り大きくなり、メモリが1GB増えて4GBに、ストレージが2倍の64GBとなる。そう考えるとお買い得感があると言える。

さらに伝えておきたいのはバッテリー容量が2,650mAhから350mAh増えて3,000mAhになっていること。以前お伝えした通り5.2インチ版はバッテリーの持ちがあまりよろしくない。5.5インチ版は実に13%もバッテリー容量が増えているのは見逃せない。恐らく実際に使って2時間程度はバッテリーが長く持つはず。

5.5インチ版は割安

5.2インチが割高感をもって受け入れられただけに、5.5インチ版は価格をかなり頑張っているようです。なぜなら日本以外だと5.2インチ版と5.5インチ版の価格差は10,000円程度あるから。日本国内の3,000円という差は異例とも言えそう。まあ逆に言えば、5.2インチ版が高すぎたといえるのかもしれない。だって5.5インチが42,800円で5.2インチが1万円安い32,800円だったら5.2インチも十分に魅力的だと思うから。

ということでこれからZenFone 3を購入する人は、割安感から考えると5.5インチをメインに検討するのがいいでしょう。

おまけ

5.2インチ版に新色が追加されています。なかなかいいかも知れないですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク